iOS11アップデート後バッテリー消費が早い人への解決方法

ios11

Sponsored Link

新製品発表とともに新しいソフトウェアiOS11がリリースされ、インストールされた方も多いかと思います。

そのiOS11なんですが、UIにも変更が加わり大きくはコントロールセンターが変わりましたね。

さて、このアップデートと共に、バッテリーの消費がかなり早い!と感じている人も多いのではないでしょうか。

そんな方のために原因と解決方法をお教えしていきます。

ぜひともお試しあれ。

 

バッテリー消費が2倍早い!?その原因とは

ios11

iOSにしてからバッテリーの減りがはえー!

そう感じている人が多いみたいですね。

従来通り、マルチタスキングは終了し、画面の照度は調整し余計なことはしてないのに…..なのに…なんで?

この問題に対して、Appleは現在のところ公式な見解は出していないものの、大きくは2つ原因として考えられているようです。

  1. Spotlight検索がインデックスを再構築している
  2. アプリが自動でアップデートを行っている

 

では、①についてですが、Spotlight検索ってこの画面のことね。

Spotlight検索

自分のデバイス内の検索もWebでの検索もこれで済んじゃうという優れものですが、この中のデータの蓄積を再構築していると考えられているようです。

 

iOS11のバッテリー消費が早い!?解決方法とは

ios バッテリー

では、ここでは上記原因の解決方法について書いてきます。

最初に上に挙げた①に関して、これは数日で済むという見解がおよそを占めているようなので、そこまで心配になる必要はありません。

そのまま待ちましょう。

続きまして、②に関して普段あまり使ってないようなアプリのバックグラウンド更新をオフにしましょう。

ちなみにこの②に関してはAppleが公式でバッテリーの持ちを長くする改善策として、提示している方法になります。

デフォルトではオンになっているため、そのままの人が多いのではと思われます。

設定アプリ>一般>Appのバックグラウンド更新

と進んでいき、ここでやたらスイッチの緑が連発している人は要注意です。

普段あまり使わないアプリなんかはオフで問題ないでしょう。

いやいや、この際全部OFFでこれからは手動でアップデートするよ!って人は、アプリごとではなく、一番上のスイッチ『Appのバックグラウンド更新』そのものをオフにしちゃいましょう。

 

それでも改善が見られない人へ

Sponsored Link

上記改善策を試してもなかなか改善しない人は一度Apple公式ホームページのサポートから問い合わせてみましょう。

もしかしたら他の場所に原因があるのかも!?

私は以前使っていた機種でバッテリーに関して問い合わせた事があるのですが、iOS診断といったものをさせられましたね。

それで使っているデバイスに不具合があるかAppleで解析ができるみたいです。

おそらくこれで結果がだめなら、修理の提案とか何か別の方法の提示があるのかもしれません。

私の場合は、どうやらiOS診断で合格だったようで、デバイスの再起動とか画面照度の見直しとかを促されて終わりました。

デバイスの再起動とかどう考えても関係ないだろ(笑)とは思いましたが…。

不合格だった場合、こんな対応になるよ!ってことはわからないですが、明らかにデバイス側がおかしいと思われる人は、一度問い合わせて見る価値はありそうです。

PS.
バッテリーを長持ちさせるために、Wi-Fiをオフにしている方へ。

Apple推奨方法としてはバッテリーを長持ちさせるために、Wi-Fi回線を使うことを挙げています。

なのでおそらく逆効果、もしくは効果がないと思われます。

常時オンにする必要はないと思いますが、確実に使える環境下にいるのであれば、バッテリーを長持ちさせる観点からも、Wi-Fiを積極的に使用したほうが良さそうです。