iPhone Xで強制再起動とアプリを閉じる(終了)する方法

iPhone X

Sponsored Link

ついにキャリアでiPhone Xの予約が始まりました。先に発売されたiPhone8の売上が伸び悩んでいる報道もあり、このiPhone Xに向けての買い控えも考えられています。

iPhone XからこれまでのiPhoneにあったホームボタンが廃止され、前面にある物理ボタンはなくなったのは御存知の通り。

そうなると、強制終了方法はどうする?

従来のiPhoneでやっていた、ホームボタンを二回押してからマルチタスクの終了(アプリを閉じる)方法はどうなる?と気になることは多いです。

暫定で出ている情報を集めてみました。

 

iPhone Xで強制再起動する方法

iPhone X

iPhoneおいて何かと役立つ強制再起動。バグやフリーズしたときなんかに強制再起動を行うと直ることも多く、長い間使うと一度はやることです。

iPhoneXでの強制再起動のやり方は、iPhone8と同じで、

  1. 音量上げるボタンを一度押す
  2. 音量を下げるボタンを一度押す
  3. 電源ボタンの長押し

参考記事:iPhone8が復元中にフリーズしてしまった時の解決方法

この手順をスピーディーにやるのが強制再起動のやり方になります。

フリーズした時なんかはこの操作方法で強制終了することをまず試しましょう。

 

iPhone Xでアプリを閉じる(終了する)方法

Sponsored Link

あと、ホームボタンをよく使うシチュエーションと言えば、アプリを閉じる(強制終了)する時です。

従来のものであればホームボタンを2回押して、ってことだったんですが、iPhone Xではどうなるんでしょう。

どうやら、これについてはまだ正式な情報は出ていないようなので、発売日以降に正しい情報を追記したいと思います。

追記:アプリの強制終了の方法について、方法が判明しましたので追記します。

  1. 画面下部を上方向にスワイプして画面の真ん中あたりでストップする。すると、Appスイッチャーが起動する。
  2. 強制終了したいアプリを左右スワイプで選択し、そのアプリ上で長押しする。
  3. アプリの左上に赤丸のマイナスボタンが出現するので、そこを押すか、従来のiPhone通り画面上にスワイプする。

 

ですが、注意点として、電池の持ちを長くさせようとして、アプリの強制終了をしている方が多いようですが、これは全くの逆効果であることが明らかになっています。

なので、従来の機種で言うホームボタンを二回押して表示される画面(アプリスイッチャー)を使ってアプリを終了するシチュエーションはほぼほぼ無いです。

情報が分かり次第追記はしますが、この記事を読んでくださった方はこれを機に、バッテリーを長持ちさせる目的でのアプリの強制終了はやめましょう。