辻元清美の落選が濃厚?無所属で出馬予定。希望の党には合流せず

辻本清美

Sponsored Link

衆議院が解散し総選挙となり、今回の選挙では民進党が希望の党に合流することで、民進党議員の動きが慌ただしくなってきている。

民進党の反自民の急先鋒、辻元清美は今回希望の党から出馬せず、無所属で出馬する方向で調整を進めているようだ。

党の後ろ盾がない状態で今回の選挙を戦おうとしている辻元清美ですが、今回の選挙で落選は濃厚となりそう。

10/3  追記
枝野幸男が新党『立憲民主党』を立ち上げ、辻元清美もそこに合流することが明らかとなりました。
立憲民主党の支持率は期待できず、辻元清美にとって厳しい選挙戦になることに変わりはなさそうだ。

 

辻元清美の落選濃厚?無所属で出馬へ

辻本清美

古くは『疑惑の総合商社』発言で注目され、その後詐欺行為で有罪判決を受けたりなど何かと話題になることが多い辻元清美。

民進党所属ですが、民進党自体が今回党として希望の党に合流することを打ち出していため、民進党の議員の選択肢は希望の党に合流するか、無所属になるかの選択肢しかない状態。

今回の選挙で辻元清美は無所属での出馬を決めたようで、民進党の『名より実をとる』決断に従わないようだ。

2014年の総選挙では、大阪10区(高槻市)辻元清美の得票率を見てみると、34.3%で2位の大隈和英の得票率は29.6%。

個人的には辻元清美がこれだけの得票率を得ていることだけでも驚きなのだが、実際の数字自体に圧勝という印象はない。

これに党の後ろ盾がなくなってしまう今回の戦いにおいては、小選挙区での票集めにも苦戦することが予想されるが、何より比例の復活当選という可能性が消えるので、”2位では全く許されない”状況。

Sponsored Link

 

名前と顔が売れている辻元清美だけに、ミーハーの層からの票は集めれそうだが、今回は塚本幼稚園問題の疑惑もあったりだとかで逆風もある程度は予想されるので、自民もしくは維新から刺客を放り込まれたりしたら、その時点でとどめは刺されるだろうと予想する。

今回の選挙は辻元清美にとって厳しい戦いになることは間違いないだろう。

小池都知事は希望の党に合流すには保守であること、具体的には改憲思想があることを条件にあげている。

9条を何が何でも死守したい辻元清美にとっては、そこに合流するくらいなら『議員を辞めたほうがマシ』くらいに思っているのかもしれない。

そういった意味では、一貫性のある人だなとは思う。