【カヌー】小松正治選手、鈴木康大選手から窃盗被害にもあっていた

Sponsored Link

カヌーの日本代表候補、小松正治選手が去年9月の国内大会でドーピング検査に引っかかった問題で、ライバル関係にあった鈴木康大選手がなんと小松選手のペットボトルに禁止薬物混入したことが明らかになりました。

これにより、小松正治選手のドーピング疑惑は晴れましたが、ライバル関係にあった鈴木選手が陥れたということもあり、衝撃が広がっています。

 

小松正治選手に禁止薬物を混入。犯人は鈴木康大

日本カヌー連盟は9日、石川県小松市で昨年9月に行われたスプリントの日本選手権男子カヤックシングル200メートルに出場した鈴木康大選手(32)が、小松正治選手(25)の飲み物に故意に禁止薬物を混入していたと発表した。日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は昨年12月、鈴木選手に対し、8年の資格停止処分を科した。

引用元:jiji.com

被害者の小松選手、加害者の鈴木選手ともに、世界選手権に出場するほどのトップ選手でライバル関係だったとのこと。

ライバルを陥れるこの行為は極めて悪質、それとともに犯人が同じ大会に出場したカヌー選手ということで非常にショッキングな事件ですね。

今回明るみに出たのは小松選手に対するものですが、捜査と聴取で別の選手に対しても道具を盗んだり壊したりなどの妨害行為をしていたことも示唆しているようで、スポーツマンシップに欠いた行為を繰り返していたようです。

 

鈴木康大が小松正治のドーピング発覚を最初に報告していた

ドーピングの入ったドリンクを飲み、一時暫定的停止処分を受けた小松正治(25)=愛媛県国体競技力向上対策本部=が、ドーピング発覚後、真っ先に連絡をとったのが、鈴木だったことが分かった。

 日本カヌー連盟の春園事務局長によると、「2人はものすごく仲がよかった。陽性反応が出て、小松が真っ先に連絡したのは鈴木。それぐらい仲がよかった」と、明かした。

引用元:デイリー

自分でドーピングを入れときながら、真っ先に連絡を入れるという、なんというドロドロしたドラマの世界。

最初に報告し、親身に寄り添う姿勢で被害者である小松選手の警戒心・猜疑心を振り払ったということでしょうね。

仲が良かったとのことなので、犯人が鈴木選手とわかった時小松選手の精神的ダメージもあったことでしょう。

 

鈴木康大、小松正治選手の道具の窃盗も働いていた?

Sponsored Link

ドーピング混入のみならず、他妨害行為を繰り返していたことも明らかになっている鈴木選手ですが、窃盗行為をやっていた可能性も急浮上しています。

この時点で犯人は発覚していないですが、国内の試合後、パドルとGPSがなくなったと小松選手は呟いています。

ちなみに盗まれたパドルに関しては同様のものを新しく買ったと小松選手は報告しています。

選手の競技道具を壊すなどの行為もやっていたと鈴木選手は供述しているようですし、十中八九、子の件に関しても、鈴木選手の仕業と考えていいと思います。

 

鈴木選手は資格停止8年の処分が下るとのことですが、これだけの悪事を働いて、刑事事件の匹敵するような騒動を起こしても資格停止と8年という…。

鈴木選手は年齢が32歳ということなので、資格停止処分が解ける頃は40歳。年齢的に復帰は出来ないという協会側の計算もあるんでしょうかねぇ。