衣笠祥雄の死因と病名。かすれ声は風邪ではなかったのか?

衣笠祥雄

Sponsored Link

鉄人の異名を持つ、プロ野球解説者の衣笠祥雄さんが今日亡くなったとのこと。71歳でした。

以前出演した際、声がとてもかすれており心配する声が多数上がっていましたが、”風邪”と関係者からの回答があったようです。

今回亡くなったということで、死因として結びつく持病があったのかもしれません。

 

衣笠祥雄逝去

衣笠祥雄

広島で活躍し、2215試合連続出場で「鉄人」と呼ばれた衣笠祥雄氏が死去したことが24日、関係者の話で分かった。71歳。京都府出身。

引用元:yahooニュース

衣笠祥雄さんが最後に我々に見せた姿は20日の横浜対巨人の解説者としてでした。

声が異常な程かすれ、聞き取りづらいほどでネット上では『大丈夫か?』と心配な声が上がっているほどでした。

それから4日程で亡くなっていることから、このときかなり、体の調子が悪かったことがうかがえます。

現役時代は連続出場の記録から”鉄人”というニックネームで親しまれていただけに、解説者としても最後まで、限界まで仕事を全うされたんだと思います。

”鉄人”の異名を持つ衣笠さんらしい、人生の終焉を迎えたと言えるのではないでしょうか。

 

衣笠祥雄の死因・病名は?

Sponsored Link

先程、速報として飛び込んできたところで、今の所死因や詳しい病名などは明らかになっていません。

最後の解説の声を聞く限り、風邪ではなく何か重い病気を患っていたことは間違いないでしょう。

今後分かり次第、追記していこうかと思います。

現役時代もデッドボールをくらっても、笑顔で『大丈夫』と言う人柄であること、現役時代2215試合連続出場するほどの不屈の闘志、弱った姿を決して見せない精神力、生涯現役にこだわった方である、以上の理由からどうも公表されることはないような気も…。

悲しいことに今年は年明けに星野仙一さんが亡くなるなど、プロ野球のレジェンドでファンに愛された選手が順番にこの世を去っています。

ギリギリまで野球に携わり、人生を全うした鉄人・衣笠祥雄さんに大あっぱれですね!

追記:ネット上の情報によると、死因は大腸がんで以前から癌を患っていたようです。謹んでご冥福を申し上げます。