キャバクラヨガとは?遊び方や料金について調べてみた

キャバクラヨガ

Sponsored Link

林文部科学大臣が公用車を使って”キャバクラヨガ”に通っていたところ、週刊誌に撮られ今後波紋を呼びそうな事態になっています。

森友問題、また事務次官のセクハラ問題で安倍政権がピンチの状態でさらに追い打ちをかけられそうなんですが、そもそも”キャバクラヨガ”って何?ってなった人も多いかと思います。

そこでキャバクラヨガとは何なのか?

遊び方や料金体系について詳しく調べてみました。

 

キャバクラヨガとは?

キャバクラヨガ

 林芳正文科相(57)が、平日の白昼、“キャバクラヨガ”と呼ばれる店に、公用車で出かけていたことがわかった。

 店は、元AV女優が経営し、個室で元グラビアタレントや元キャバクラ嬢のインストラクターらが一対一でヨガを指導した後、オイルマッサージなどを行う。客とのLINE交換や食事、交際も認めており、テレビでは「キャバクラヨガ」として扱われていた。

引用元:文春オンライン

女性を中心に健康のために人気のヨガですが、ついにキャバクラと融合?

ヨガって一人のインストラクターに対し複数の生徒さんでやっているイメージなんですが、このキャバクラヨガは一人の女性に対し、一人の生徒(客)がつくようですね。

しかも、そのインストラクターの女性が元Aセクシー女優やグラビアタレントで構成されているということですから、まぁお名前通り、如何わしさは満点です。

しかも、ヨガのあとはマッサージもついているとのこと、これは風俗寄りのリフレ、メンズエステと変わりないような感じですね。

キャバクラヨガは、ヨガ+メンズエステって感じですね。

キャバクラヨガの遊び方

キャバクラヨガ

一応ヨガはヨガなのできちんとヨガはするみたいです。

ただ、その後はオイルマッサージがついているということ、インストラクターとの連絡先交換や食事、交際もOKということから、”キャバクラ”の要素も付いていますよ~ってことですね。

なので普通のヨガに対してお色気もプラスされていて、なおかつマッサージもあるので身体的な接触もあるっていうのが、キャバクラヨガ。

どこまでの範囲の身体的接触が可能なのかはわかりませんが、インストラクター側の同意の範囲でっていうのがネット上の情報でした。

まぁ普通に考えれば、両者が同意の上であれば風俗の要素もプラスされますってことかと。

新しいビジネスモデルですね~、本当にこういったジャンルは日本はかなり先を行っているように思います。(笑)

キャバクラとなれば、同伴出勤みたいなこともできるのでは?と思ったんですが、所謂”アフター”はあるみたいですが、同伴はもしかしたらないのかもしれませんね。

 

キャバクラヨガの料金とは?

Sponsored Link

今回、林大臣が通っていたとされるのが恵比寿にある、『POSITIVE STAR YOGA』というお店。

料金はまず、入会金が2万円で一時間のレッスンが1万1000円とヨガのレッスンの相場から考えたら、流石に高額。女性も行くことができ、女性の場合は3000円なんだそうです。

ちなみに、ここは元セクシー女優の庄司ゆうこさんが経営しているそうです。恵比寿マスカッツに所属していたということから、かなり有名な方なのかもしれません。

サービス内容と料金から考えても、風俗の色が強いようなイメージですね。

”キャバクラヨガ”っていうインパクトの有るネーミングから日本で流行しそうな予感がします。